不妊症・婦人病

不妊症でお悩みの方・治療中の方、是非一度、ご連絡下さい。
TEL
055-948-4775

子宮内膜症
子宮内膜症とは、子宮の内腔以外の部分で、内膜組織が増殖してしまう疾患です。症状として月経痛、月経過多、性交痛、排便痛などがありますが、特に気になる症状がなく、不妊症の検査で分かる方もいます。
子宮内膜症は、不妊症の原因のひとつにあげられます。
(卵巣チョコレート嚢胞は、卵巣の内部に発生する子宮内膜症です。)
子宮内膜症は月経のある女性の数%~10%程度がもっているだろうと推定されています。

発生しやすい場所

子宮内膜症部位
毎月の月経の働きで剥がれ落ちて排出されるべき内膜の組織が他の体内から場所に留まる病気が子宮内膜症になります。

 次に述べるところが子宮内膜症ができやすい場所になります。
○卵巣部
 卵巣はできやすい場所の一つで、溜まった血液がチョコレートのように見えるので「卵巣チョコレート嚢胞」と呼ばれています。他の臓器と癒着する場合もあり、激痛を引き起こす可能性もあります。
○子宮筋層内
 子宮の表面部ではなく、内部の筋層にできたものを「子宮腺筋症」と呼ばれています。進行すると子宮が大きく膨らんでこぶのようになり、子宮筋腫の一種として分類されることもあります。
○卵管
子宮内膜症は卵管にもできやすく、子宮内膜症できた内膜で卵管を塞いでしまい、不妊症になる場合があります。
○子宮の周辺部
直腸の近くに内膜症が起こると、血便や下痢、排便痛などの症状が表れることがあります。
膀胱の近くでは血尿がでる場合や頻尿、排尿時に痛みを感じる場合に症状がでることもあります。
直腸と子宮の間のくぼみ(ダグラス窩)にできて癒着を起こすと性交痛、排便時や月経痛の痛みなどに出てきます。
その他にもごくまれに、肺や胸膜にも起こる場合もあります。
漢方治療
 子宮内膜症の漢方治療の原則は、活血化於(かっけつけお)という血流改善の漢方薬・生薬(紅花・桃仁・牡丹皮・益母草など)を使用することです。
それと共に、体調に合わせて腎経(生殖器系・ホルモンバランス)や肝経(ストレス・自律神経)を整えていく処方を併用していきます。


○於濁内結  
不妊、月経周期が短い(24日以内)、あるいは長い(32日以上)、月経血にレバー状の血塊、月経痛(下腹部)が強い、痛みが強いと吐き気がする、月経時の大便がゆるい、手足の冷え、肩こり、頭痛、顔色が青白い、舌の色が暗い、周りに紫の於斑、など
・治法  活血化於・止痛
    

○腎虚於濁
不妊、不育、月経周期が長い(32日以上)、月経量が多い、あるいは少ない、血塊・腐肉状の肉片、下腹部の冷え・痛み、足腰がだるい、めまい、大便がゆるい、小便がでにくい、あるいは頻尿舌の色は淡紅、苔が白い、周りに紫の於斑など
・治法  補腎助陽・化於止痛

○腎虚於濁+肝鬱
腎虚於濁のタイプに、イライラ、落ち込みなどのストレスは精神情緒が乱れが加わった状態。
胸の張痛、脇腹の張り、便通の不調(便秘や下痢を繰り返す、便が細いなど)もみられることが多い。
・治法 補腎化於・疏肝解鬱 


○腎虚於濁+気虚
腎虚於濁のタイプに、疲労、だるさ、朝起きづらい、食後に眠くなる、声に力がない、などの気虚(エネルギー不足)の症状が加わります。
・治法 補腎助陽・益気化


子宮内膜症でお悩みの方は是非一度ご相談下さい。
電話055-948-4775