不妊症・婦人病

不妊症でお悩みの方・治療中の方、是非一度、ご連絡下さい。
TEL
055-948-4775
無月経(無排卵)

性成熟期を迎えた女性で、月経が来ない状態を無月経といいます。そして、無月経には今まで一度も月経のない原発性(げんぱつせい)無月経と、一度は月経が来たもののなんらかの理由で無月経になった続発性(ぞくはつせい)無月経とがあります。
 両者の定義は、原発性無月経は満18歳を迎えても初経が来ない状態をいい、続発性無月経はそれまであった月経が3カ月以上無い状態をさします。月経がこない場合、病的なもの以外の妊娠、授乳、閉経などの生理的な変化によるものもあります。


月経の状況は、卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモンが関係しています。このホルモンは、脳の視床下部と下垂体でコントロールされていますが、自律神経やストレスなどにより、視床下部や下垂体の働きがトラブルを起こすと、ホルモン中枢も影響を受けて卵巣から出るホルモンのバランスが乱れて月経不順になったり、さらに月経が止まってしまったりします。また、無月経の原因は脳の中枢経以外に、子宮、卵巣の異常による場合もあります。

最近多いのが、ストレスや無理なダイエットによる無月経です。病院の治療では、排卵誘発剤やホルモン剤で排卵や月経を促す治療をしていきますが、服用を止めると無月経に戻ってしまうことも多く、そのような場合は漢方薬を使用して根本的に無月経を治療していくと良いです。漢方薬の併用により病院での治療効果が上がり、副作用が減りますので、病院の治療中も漢方薬を使用すると良いです。

漢方医学による無月経のタイプ


腎虚(じんきょ)
 もともと生殖器系が弱い場合(初潮が遅い)や不妊治療などでホルモン剤を連用した場合、過労や寝不足・過度の性生活などが続いた場合などに、生殖器系の働きが低下して無月経になることがあります。
 無月経以外に、足腰のだるさや痛み、頭がボーッとする、耳鳴り、頻尿などの症状もみられたりします。
 漢方治療としては、参茸補血丸などの補腎薬を主体にして、生殖器系の機能を高めていきます。

血虚(けっきょ)

 無理なダイエットや過労・寝不足・出血などが続き、体に必要な血液が足りなくなると無月経になることがあります。
 無月経以外に、めまい・動悸・顔色が悪い・不眠・大便が堅いなどの症状もみられます。
 漢方治療としては、婦宝当帰膠や四物湯、当帰芍薬散などの補血薬を中心にして、生殖器系の働きを改善していきます。

気滞血瘀(きたいけつお)
 
家庭や職場・学校などのストレスが強いと、それによって自律神経系・ホルモンバランスが乱れて無月経になることがあります
 
無月経以外に、イライラやゆううつ感・気持ちが落ち着かない、下腹部や脇腹の張り、乳房の張った痛みや乳首が過敏になるなどの症状もみられます。
 漢方治療としては、逍遙散や香蘇散などの疏感理気薬と折衝飲や桂枝茯苓丸などの活血薬を主体にして処方を調整します。

寒湿凝滞(かんしつぎょうたい)
 月経期や産後などに冷えや湿(長雨・湿気の多い住まい)などで体調を乱して、無月経になることがあります。
 無月経以外に、下腹部が冷えて痛む・胸がもやもやする・気持ちが悪い・体の冷え・手足の冷え・白い多量のオリモノ・大便がゆるいあるいは便秘などの症状もみられます。
 漢方治療としては、冷えが強い場合は温経湯などの補血温陽薬を主体とし、湿が強い場合は二陳湯・藿香正気散などの化痰利湿薬を主体にして処方を調整します。)

脾虚(ひきょ)
 消化器系の弱い方やストレス・暴飲暴食により胃腸の働きを乱した場合にも無月経になることがあります。
 無月経以外の症状では、疲れやすい、食欲不振、顔色が悪い、息切れ、動悸、便がゆるい、あるいは便秘などの症状もみられます。
 漢方治療としては、六君子湯や参苓白朮散などの健脾益気薬を主体にして処方します。