漢方相談をご希望の方へ 予約のお願い
当薬局での漢方相談は時間がかかる場合が多いです。
特に初めてのご相談の場合は1時間以上かかる事もあります。
したがいまして、是非ご予約を入れてから、ご来局下さるようにお願い致します。
どうぞ、よろしくお願い致します。          

п@ 055−948−4775                         
メール meiseikanpou@nifty.ne.jp
(予約確認のメールを返信させていただきます。)

営業時間 月〜金 朝9:30〜夕6:30 土 朝9:30〜昼2:00 
定休日 日曜・祭日
早く相談すれば良かった。相談して本当に良かった。私ども明正薬局は常に信頼される薬局を目指しています。
電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.055-948-4775
〒 410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6




  むくみ(浮腫)と漢方薬

漢方医学では、人体には気(き)・血(けつ)・水(すい)があり、これらが順調に体内を巡ることで正常な生体環境が保たれると考えられています。「気」とは内蔵機能の働きや生命エネルギーの事を指し、「血」は血液とその栄養を指し、「水」は血液以外の水分・栄養分・潤いを指します。このうちの「水」の巡りが悪くなって異常を起こした状態を水毒(すいどく)や水滞(すいたい)と呼びます。
むくみも水毒・水滞の一種なのです。ただし、むくみが起きるのに「水」だけが原因となるのではなく、「気」「血」も関係することが多いのです。
気は体を動かすためのエネルギーでもあり、気の力が足りないと水がうまく流れてくれなくなります。(腎臓の力が弱いと不要になった水分を体外に出せなくなり、水毒・水滞を起こします。発汗する力が足りない場合も同様です。)
血の流れが悪くなると、血液中の水分が血管外へ漏れ出してむくみになることがあります。夕方足がむくむ場合などがそれに当てはまります。
したがいまして、漢方でむくみを改善させる場合、「水」が滞り重視しながら、「気」「血」の状況も判断することが重要です。

むくみの治療で用いることが多い漢方薬
五苓散(ごれいさん)、猪苓湯(ちょれいとう)
八味地黄丸(はちみじおうがん)、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
真武湯(しんぶとう)、九檳呉茯(きゅうびんごぶく)、柴苓湯(さいれいとう)、木防已湯(もくぼういとう)
桃核承気(とうかくじょうきとう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)など。































漢方相談 明正薬局                       めいせいやっきょく
        
病気・症状

静岡県伊豆の漢方、漢方薬の問合せ

明正薬局は予約制です。
ご来局の前にお電話でご予約下さい。
TEL 055-948-4775


チェックご相談案内へ

明正薬局
明正薬局

〒410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6
TEL 055-948-4775
FAX 055-948-2819

竹林