漢方相談をご希望の方へ 予約のお願い
当薬局での漢方相談は時間がかかる場合が多いです。
特に初めてのご相談の場合は1時間以上かかる事もあります。
したがいまして、是非ご予約を入れてから、ご来局下さるようにお願い致します。
どうぞ、よろしくお願い致します。          

п@ 055−948−4775                         
メール meiseikanpou@nifty.ne.jp
(予約確認のメールを返信させていただきます。)

営業時間 月〜金 朝9:30〜夕6:30 土 朝9:30〜昼2:00 
定休日 日曜・祭日
早く相談すれば良かった。相談して本当に良かった。私ども明正薬局は常に信頼される薬局を目指しています。
電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.055-948-4775
静岡県伊豆の国市古奈426−6
定休日 日曜日・祝祭日
営業時間 月〜金 午前9:30〜午後6:30
     土曜日 午前9:30〜午後2:00




慢性胃炎
慢性胃炎は、胃炎状態が慢性化したもので、胃の粘膜の状態によって、表層性[ひょうそうせい]胃炎(胃粘膜表面で軽い炎症のある状態)、びらん性胃炎(炎症により胃粘膜表面がえぐれた状態)、萎縮性[いしゅくせい]胃炎、肥厚性[ひこうせい]胃炎(胃粘膜表面が正常より厚く見える状態)と分けられます。そのうち一番多いのは萎縮性胃炎といって、胃粘膜の炎症が長く続いたために胃粘膜自体が萎縮し薄くなっている状態の慢性胃炎です。
 症状−常に胃に不快感がある、胃もたれや食後の腹痛、時に空腹時痛、食欲不振、胸焼けや吐き気などの自覚症状



慢性胃炎の代表的漢方薬
○半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
慢性胃炎に、最もよく使われている処方で、比較的体力のある方に合います。みぞおちがつかえて、食欲がなく、おなかがゴロゴロと鳴ったり、吐き気、下痢などがある時に用いると効果があります。

○安中散(あんちゅうさん)
慢性胃炎で、胃痛が長く続いた時に用います。もともとは、虚弱体質で血色がすぐれず、冷え性で、胃がしくしく痛んだり、ゲップが出たりします。冷たい物で胃痛がしたり、食前に胸焼けがする場合にも良いです。甘い物が好きな方が合う場合が多いです。。

○人参湯(にんじんとう)
普段から胃が弱く、冷え症で疲れやすい方に用います。冷え性で尿量が多く、みぞおちのつかえ、時に痛みがあり、少し食べるとすぐおなかがいっぱいになって苦しい。また口の中に薄い睡液がたまり、軟便または下痢をしやすい方に効果があります。

○六君子湯(りっくんしとう)
普段から胃腸の働きが弱く、胃痛や食欲不振、胃もたれを起こしやすい場合によい処方です。胃内停水と言って、お腹を押すと胃の中で水がチャポチャポする状態が起きる方に合う漢方薬です。

































漢方相談 明正薬局                       めいせいやっきょく
        
病気・症状

静岡県伊豆の漢方、漢方薬の問合せ

明正薬局は予約制です。
ご来局の前にお電話でご予約下さい
TEL 055-948-4775


チェックご相談案内へ

明正薬局
明正薬局

〒410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6
TEL 055-948-4775
FAX 055-948-2819

竹林