漢方相談をご希望の方へ 予約のお願い
当薬局での漢方相談は時間がかかる場合が多いです。
特に初めてのご相談の場合は1時間以上かかる事もあります。
したがいまして、是非ご予約を入れてから、ご来局下さるようにお願い致します。
どうぞ、よろしくお願い致します。          

п@ 055−948−4775                         
メール meiseikanpou@nifty.ne.jp
(予約確認のメールを返信させていただきます。)

営業時間 月〜金 朝9:30〜夕6:30 土 朝9:30〜昼2:00 
定休日 日曜・祭日
早く相談すれば良かった。相談して本当に良かった。私ども明正薬局は常に信頼される薬局を目指しています。
電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.055-948-4775
静岡県伊豆の国市古奈426−6
定休日 日曜日・祝祭日
営業時間 月〜金 午前9:30〜午後6:30
     土曜日 午前9:30〜午後2:00

口内炎
口腔内の粘膜に炎症を起こした状態を口内炎と言います。
口内炎ができる仕組みは、「傷」が原因のものと、原因が特定できないものとがあります。

傷が原因の口内炎ができる

  1. 魚の骨などが刺さる、誤ってかむ、などして口の中に傷ができる。
  2. この時、だ液の分泌が低下していると、細菌が洗い流せず傷で細菌が繁殖。
  3. 炎症=口内炎になる。

原因不明の口内炎ができる仕組み

  1. 口の粘膜は絶えず新陳代謝で再生しています。
  2. 疲労やストレスで新陳代謝が低下すると、表面が荒れます。さらに悪化すると潰瘍(かいよう)になります。これはつまり、口の中に「胃潰瘍(いかいよう)」ができているようなものです。
  3. 潰瘍は内側からできた傷のようなものです。あとは外傷が原因の場合と同様、細菌が繁殖すれば炎症=口内炎になります。
漢方医学の考えでみると、口内炎がよく起こる場合、胃腸の不調やストレス・免疫力の低下などにより口腔内の粘膜が荒れて、炎症を起こしたものととらえ、それに合った漢方薬を使用して治療します。

○ストレスが強く、のぼせ・イライラがあるタイプ
 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)・加味逍遙散(かみしょうようさん)など

○ストレスや過食などにより胃腸の不調によるタイプ
 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)・黄連湯(おうれんとう)など

○疲労や長期にわたる体調不良によって免疫力が落ちているタイプ
 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)・黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)など

その他
当薬局で、口腔内の粘膜や皮膚の慢性炎症やアレルギー疾患に漢方薬と併用していただいているのが、クマザサエキス(ササヘルス)です。








漢方相談 明正薬局                       めいせいやっきょく
        

病気・症状

静岡県伊豆の漢方、漢方薬の問合せ

明正薬局は予約制です。
ご来局の前にお電話でご予約下さい
TEL 055-948-4775


チェックご相談案内へ

明正薬局
明正薬局

〒410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6
TEL 055-948-4775
FAX 055-948-2819

竹林