A.正常タイプ

 高温期が12~14日、高温期と低温期の差が0.3~0.5℃、低温から高温へ1~2日以内に移行する

      

B.高温期が短いタイプ

B-1 低温期は正常
腎陽虚(生殖器系の機能低下と冷えがある状態)            
黄体の機能が悪い                             
     

B-2 低温期が長い
陽虚宮寒・淤血(子宮が冷え、血液循環が悪い状態)
卵胞の発育および黄体の機能が悪い
 

C.高温期が不安定なタイプ

C-1 高温を保ちきれない                           
脾腎不足・肝鬱(生殖器系・消化器系の機能低下・ストレスや自律神経の乱れた状態)  
            
自律神経の不安定・黄体の機能が弱い・プロラクチンが高い        

  

C-2 途中で体温が一時的に低下する
脾腎不足・気血両虚(生殖器系・消化器系の機能低下・エネルギー不足・血液の栄養分の不足した状態
黄体の機能が弱い・疲れやすい・貧血に多い

D.高温期が高すぎるタイプ
陰虚陽亢(腎陰が不足して、潤いが足りず、体の熱傾向を冷ますことが出来ない状態)
ホルモン分泌過多
 低温期は正常、または短い

E.高温期が長すぎるタイプ

陰虚心肝気火・淤血(陰液の不足により、心肝の熱が助長され、また血液循環が悪くなった状態)
黄体の萎縮不全
                                    

F.高温期への移行時間が長すぎるタイプ

F-1 なだらかにゆっくり上がる                              
腎陽虚・肝鬱(生殖器系の機能低下・冷え・ストレス
・自律神経の乱れ)                               
プロラクチンが高い・排卵困難に多い                              
    

F-2 ギザギザにゆっくり上がる
腎陽虚・肝鬱・気滞血淤(生殖器系の機能低下・冷え・ストレス・自律神経の乱れ・血液循環不良の状態)
プロラクチンが高い・排卵困難・血行不良に多い

G.低温期も高温期も短いタイプ

陰虚火旺血熱(陰液不足により熱がこもった状態)
ホルモン分泌過多

次ページ