漢方相談をご希望の方へ 予約のお願い
当薬局での漢方相談は時間がかかる場合が多いです。
特に初めてのご相談の場合は1時間以上かかる事もあります。
したがいまして、是非ご予約を入れてから、ご来局下さるようにお願い致します。
どうぞ、よろしくお願い致します。          

п@ 055−948−4775                         
メール meiseikanpou@nifty.ne.jp
(予約確認のメールを返信させていただきます。)

営業時間 月〜金 朝9:30〜夕6:30 土 朝9:30〜昼2:00 
定休日 日曜・祭日
早く相談すれば良かった。相談して本当に良かった。私ども明正薬局は常に信頼される薬局を目指しています。
電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.055-948-4775
〒 410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6







 漢方相談薬局・静岡県伊豆の国市 明正薬局

陰陽説

    のページでは、基本的な中国医学の理論をご紹介いたします。
 陰陽説 
陰陽説は古代中国思想の一つで、世の中のあらゆるものは陰と陽の二つに分類することができるという思想です。
陰の性質としては、静、下向、内側、暗い、寒涼、守備などがあり、陽の性質としては、動、上向、外側、明るい、熱温、攻撃 などがあります。
性別では女性が陰、男性が陽に分けられます。古代中国人は、女性は子育てをしながら家を守り、男性は食料を得るために外で活動すると考えました。

分類 空間 季節 性別 温度 重さ 明るさ 運動状態 時間 部位
秋冬 女性 寒涼 重い 暗い 下降・下向 裏・内
春夏 男性 熱温 軽い 明るい 上昇・外向 表・外

分類 部位 組織構造 生理機能
裏 腹部 下部 筋骨 五臓 血 抑制 衰退 制止
表 背部 上部 皮毛 六腑 気 興奮 亢進 活動

陰陽説の基本内容

○陰陽対立
表のように一切の事物あるいは現象は対立した二つの側面をもちます。

○陰陽互根
陰陽間の相互依存、相互扶助を指します。陰は対立する陽があるから存在することができ、陽もまた同様です。

○陰陽消長
陰陽は一方が増加するともう一方が減少(消長)します。

○陰陽転化
陰陽は一定の条件の下で陰が陽に変わり、陽が陰に変わることがあります。「熱(陽)極まれば寒(陰)を生ず」 

陰陽マーク           
陰陽説の中医学への応用

○人体部位の陰陽

 陰に属する部位−腹部、内部、下部、隠蔽部

 陽に属する部位−背部、外部、上部、暴露部


○生理上の陰陽

 陰に属する物
物質的な基礎(血液、体液、組織など)など一般に目に見えもの

 陽に属する物
肉体や内臓の機能、働きなど一般に目に見えないもの


○病理上の陰陽

 陰に属する作用
寒、静、抑制、機能低下、内向、下降など

 陽に属する作用
熱、動、興奮、機能亢進、外向、上昇など    
 


























       
漢方相談 明正薬局
         めいせいやっきょく
        
病気・症状

静岡県伊豆の漢方、漢方薬の問合せ

明正薬局は予約制です。
ご来局の前にお電話でご予約下さい。
TEL 055-948-4775


チェックご相談案内へ

明正薬局
明正薬局

〒410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6
TEL 055-948-4775
FAX 055-948-2819


竹林