漢方相談をご希望の方へ 予約のお願い
当薬局での漢方相談は時間がかかる場合が多いです。
特に初めてのご相談の場合は1時間以上かかる事もあります。
したがいまして、是非ご予約を入れてから、ご来局下さるようにお願い致します。
どうぞ、よろしくお願い致します。          

п@ 055−948−4775                         
メール meiseikanpou@nifty.ne.jp
(予約確認のメールを返信させていただきます。)

営業時間 月〜金 朝9:30〜夕6:30 土 朝9:30〜昼2:00 
定休日 日曜・祭日
早く相談すれば良かった。相談して本当に良かった。私ども明正薬局は常に信頼される薬局を目指しています。
電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.055-948-4775
〒 410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6









 漢方相談薬局・静岡県伊豆の国市 明正薬局


五臓

このページでは、基本的な中国医学の理論をご紹介いたします。

五臓

 中医学には現代医学と異なった内臓論があります。中医学の内臓は解剖学的な臓器としてではなく、生理機能をまとめて特定の臓腑として 認識しています。したがって中医学で肝がよくないと判断されても現代医学での肝臓機能検査に問題がないこともしばしばです。 (ただ中医学での肝がよくない状態が続くと現代医学での肝機能に異常が出てくることもあります。)
五行説
五臓 五腑 五キョウ 五主 五華 五色 五味 五季 五志
小腸 血脈
肌肉 土用
大腸
膀胱 塩辛い
肝の生理機能
○肝は疏泄(そせつ)を主(つかさど)る

疏泄とは、滞らず伸びやかであることを指します。主とは管理、コントロールするという意味です。肝は気(エネルギー)の流通をよくし、情緒を安定させ、胆汁の分泌と排泄を調節します。 気の流通がよいと内臓の働きや血液循環が順調に活動します。肝の疏泄作用が順調であれば精神は安定します。逆に過度や長期のストレスは肝の疏泄機能を 失調させる原因となりイライラや情緒不安定を起こさせます。胆汁は肝で作られ胆のうへ送られます。

○肝は血を蔵す。

肝は血流調整を行い、休息時には血液を肝に集め、活動時には必要とする器官へ血液を送る働きがあります。貧血や女性の生理不順や無月経などは 肝の造血作用と関連する場合が多いようです。

○肝は筋を主り、その華は爪にあり、目にアナを開く

筋とは骨についている腱・筋膜・じん帯などを指します。肝は血を筋に送り、正常な機能を保つようにします。このため、肝血が 不足すると筋は十分な栄養を受けることができずにケイレン、しびれ、ひきつけなどを起こします。また、肝血の状態は爪や目にも反映されます。
肝血が不足すると爪が薄くなる、もろくなる、目の疲れ、かすみ、視力減退、乾燥感、しみる、などの症状が現れます。

心の生理機能
○心は血脈を主る

心は気血の通り道である血脈を管理し、気血が脈管から漏れ出すことなく順調に運行するようにコントロールしています。

○心は神を蔵す

中医学において、大脳の働きである精神・意識・思考などを心の働きの一部ととらえています。心血の不足により 不眠・不安・焦燥感などの精神症状が起こります。

○心は舌にアナを開き、その華は顔にある

心の病変(心熱や心血O阻など)は舌や顔にあらわれやすいことを示しています。


脾の生理機能
○脾は運化を主る

運化とは飲食物を消化し、人体に必要な精微物質に変化させ吸収し、全身に輸送することです。(現代医学でいう消化器系)

○脾は血を統摂する

血を脈管内から漏れでないようにする働きをさします。

○脾は肌肉、四肢を主る

全身の肌肉(皮膚に連なる肉のこと)は脾の運化によって生じた精微物質で滋養され十分に力を発達します。

○脾は口にアナを開き、その華は唇にある。

口は飲食物を取り入れる入り口であり、脾の働きによって正常な味覚や食欲が起こります。逆に口が粘る、苦いなどの症状が起こる場合は脾の働きが低下している 場合が考えられます。唇の状態も脾の様子を反映します。


肺の生理機能
○肺は気を主る

肺は外界より新鮮な空気を吸い、人体に必要な清気を取り入れ、体内から汚れた濁気を吐き出す呼吸の機能を行います。

○肺は水道を通調する

中医学でいう肺には水分代謝(尿や汗など)を調節管理する作用があるということです。

○肺は鼻にアナを開き、皮毛に外合する

鼻は呼吸の出入り口で、皮毛(体毛と毛穴)は皮膚呼吸や発汗のための出入り口です。どちらも肺の作用のサポートをしています。


腎の生理機能
○腎は精を蔵し発育と生殖を主る

腎には精気を蔵する作用があります。精気とは人体を構成する基本物質で人体が先天的に持っている成長・発育のための 生命エネルギーなどを指します。人体の成長や生殖能力・老衰の状態は精気の増減に関係します。
したがって子供の発育不良、成人の不妊症、精力減退、年齢不相応な老化症状などの多くは腎の機能低下・腎の精気不足 によるものであり補腎薬(腎を補う漢方薬)を用いて改善させます。

○腎は水を主る。

腎は有益な水分を吸収し、全身の各臓器に散布し、不要な水分を膀胱へ送り尿として排泄させる働きがあります。

○腎は納気を主る。

呼吸機能は肺が主体となって行いますが、肺の吸入した清気を下降させ自らに納める働きを腎が持っています。

咳や喘息の治療では肺を中心に考えますが、息を吐くより吸う方がつらい場合は腎の納気作用が落ちていることが予想され、 腎の納気を補う治療も行います。

○腎は骨を主り、髄を生じ、脳へ通じ、その華は髪にある。

腎は成長のひとつである骨や骨髄・脳の発達をコントロールし、腎の盛衰は髪の毛にあらわれます。

腎が充実している方の髪は豊富で黒々として艶とコシがあり、腎が弱っている方は髪が薄い、細い、白髪、茶色、艶がない、 すぐ抜ける、などの症状がよくみられます。

○腎は耳にアナを開き、二陰(前陰と後陰)を司る。

腎の衰えは耳にもあらわれ、前陰(生殖機能、排尿機能)や後陰(排便機能)にもあらわれます。

年齢不相応の精力減退、インポテンツや耳が遠い、耳鳴り、排尿困難、頻尿、尿の切れが悪い、失禁、便秘などは 腎の衰えから来る場合が多いのです。


























漢方相談 明正薬局
         めいせいやっきょく
       
        
病気・症状

静岡県伊豆の漢方、漢方薬の問合せ

明正薬局は予約制です。
ご来局の前にお電話でご予約下さい。
TEL 055-948-4775


チェックご相談案内へ

明正薬局
明正薬局

〒410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6
TEL 055-948-4775
FAX 055-948-2819

竹林