不妊症の漢方的タイプ(証)
妊娠適齢の女性が避妊を行わずに結婚後3年以上を経過しても妊娠しないことを不妊症と呼びます。子供が欲しいのになかなかできない方がまずすべきことは3ヶ月以上基礎体温を つけてから産婦人科へ行き、不妊症の基本検査(一般には6つの項目)を受けることです。
 6大基本検査とは、1.基礎体温の測定(排卵の有無) 2.精液検査(精子の数、運動率、形態など) 3.頚管粘液検査(精子の頚管通過と関係の深い頚管粘液の量、質の検査) 4.フーナーテスト(精子の子宮頚管の通過具合) 5.子宮卵管造影(子宮の形と卵管の通過性) 6.経膣超音波診断(卵胞の発育、子宮や卵巣の状態)  の6つの検査で、これらを行うことで不妊症の原因を調べます。

 不妊症の検査・数値

漢方医学の考え方と治療


当薬局に相談に来られる不妊症の方の9割が病院に1年以上通院していた方や現在も通院している方です。 子宮内膜症、高プロラクチン血症、卵管狭窄などを不妊症の原因であると指摘された方や特にはっきりとした原因が見つからない方、 など人それぞれです。現代医学と中国医学とは基礎論から治療方法まで全く異なった医学ではありますが、現代医学による検査や診断は中医学による治療を考える場合にも かなり参考になるため、残りの1割の方にも病院への受診をお勧めしています。

 明正薬局では不妊女性のタイプを中医学的に大きく7つに分類して、それに合わせた対処をします。

腎陽虚
(じんようきょ)
月経周期が長く(32日以上)または無月経・月経血の色が暗い・下腹部の冷え・性欲減退・不感症・腰や膝がだるく力が入らない・小便が近い などの症状をもつ場合には杜仲、兎絲子、熟地黄などの腎陽を補う生薬を配合した煎じ薬を使います。

気血両虚
(きけつりょうきょ)

月経周期が長く(32日以上)・月経血が淡い色で量が少ない・肌にツヤがない・頭のふらつき・めまい・やせる・脱力感などの症状をもつ場合は 当帰、何首烏、芍薬などの血を補う生薬に朝鮮人参、黄耆などの気を補う生薬を配合します。

肝腎陰虚
(かんじんいんきょ)

月経周期が短く(24日以下)・月経血の色が濃い、めまい、耳鳴り、手足のほてり、微熱傾向、寝汗、 口の渇き、足腰がだるいなどの症状があるときは女貞子、枸杞子、旱蓮草、山茱萸などの生薬を配合した煎じ薬を使用します。

肝鬱気滞
(かんうつきたい)

月経周期が早くなったり遅くなったり一定しない・生理痛・生理前に乳房が張り痛くて触れない・脇腹が張って苦しい・ イライラする・ため息をつくなどの症状があるときは柴胡、香附子、川楝子などの生薬を配合した煎じ薬 を使用します。

痰湿
(たんしつ)

月経周期が長くなりやすい・または無月経・多量の白色のオリモノ・肥満体・多毛・めまい・動悸・無力感・ 顔面や手足のむくみ・胸苦しい・食欲がわかないなどの症状があるときは蒼朮、陳皮、半夏などの生薬を配合した煎じ薬を使用します。

湿熱
(しつねつ)

月経周期が短い(24日以下)・月経量が多い・月経色が深紅・下腹部の張った痛み・粘りけのある黄色いオリモノ・ 小便が少なく黄色い・倦怠感・下半身が重くてだるいなどの症状があるときには竜胆・車前子・黄柏などの生薬を配合した煎じ薬を使用します。

血お
(けつお)

月経周期が不規則・生理痛が強い・月経血にレバー状の塊が混じる・不正性器出血・目の周囲がどす黒い・肩こり・ 慢性頭痛などの症状があるときは桃仁、紅花などの生薬を配合した煎じ薬を使用します。   

不妊症のタイプを上記のように分類しましたが、実際は複数のタイプが混ざり合っている方が多く、その方に合った処方を 調合するケースがほとんどです。体調にあった漢方薬を服用されたい方は不妊問診票をお送り下さい。
 あなたに合った不妊症 周期療法をお知らせします。
早く相談すれば良かった。相談して本当に良かった。私ども明正薬局は常に信頼される薬局を目指しています。
電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.055-948-4775
〒 410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6







               めいせいやっきょく
 漢方相談 明正薬局
       
漢方薬 値段
静岡県伊豆の漢方、漢方薬の問合せ

明正薬局は予約制です。
ご来局の前にお電話でご予約下さい

TEL 
055-948-4775

チェックご相談案内へ

明正薬局
明正薬局

〒410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6
TEL 055-948-4775
FAX 055-948-2819

竹林