不妊症の原因と漢方治療

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
 
PCOSは卵巣の嚢胞性変化と排卵障害に基づく月経異常(無月経の場合もある)や不妊を訴えるものをさします。
 卵巣中に5mmほどの卵胞が多数存在する中卵胞の段階の排卵障害を起こします。


○PCOSは、漢方的には於血(おけつ)、痰湿、肝鬱気滞などの状態によって起こりやすいと考えられます。
 漢方処方としては、月経期から排卵期まで於血を改善する漢方を周期療法と併用すると効果が高まるようです。
むくみやすい、小便の出が悪い、口が粘る、雨の日に体調が悪いなど痰湿の症状が強い方には水分代謝を良くする処方を使用します。
イライラ、落ち着かない、不安感など情緒面の不安定がある場合には、疏肝薬を使用します。

○子宮内膜症
 
子宮内膜症は子宮内膜やそれに類似する組織が子宮内膜以外の部分で発育増殖する疾患です。これによって起こりやすいのが、不妊症の他に月経困難症・過多月経・性交痛・排便痛などです。
 子宮内膜症によって不妊になるのは次のどれか、あるいは複数が考えられます。
.卵管障害−卵管采癒着により卵子を卵管へ取り込むことができない場合、卵管の癒着により卵子や精子が卵管内を移動できない場合
2.
卵巣機能の乱れ−チョコレート嚢腫、卵胞発育障害、排卵障害
3.
子宮内環境−子宮内膜の発育の遅れ
4.
自己免疫素因−抗子宮内膜抗体など


○子宮内膜症は漢方的にみて於血(おけつ)、肝鬱気滞(かんうつきたい)、痰湿(たんしつ)などの実証に腎陽虚・気血両虚などの虚証が絡み合っているケースが多いようです。
於血には、血流改善の漢方など、肝鬱気滞には疏肝理気の漢方など、痰湿には化痰去湿の漢方などを使用します。

○高プロラクチン血症(HPRL)
 プロラクチン(PRL)は脳下垂体前葉からから放出されるホルモンで、乳腺を刺激して乳汁を分泌させる機能があります。
 プロラクチンが高いと女性ホルモンの分泌抑制、子宮・卵巣のホルモンに対する反応性の低下など生殖器系全般の働きを乱し、妊娠を邪魔します。
高プロラクチン血症−PRL>15ng/ml、潜在性高プロラクチンはTRHtest15分で70ng/mlを陽性とします。
              (TRH−甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)
臨床症状
 乳房張痛、乳汁漏出、月経不順、無排卵月経、無月経、不正出血、排卵障害、不妊、性欲低下、習慣性流産など
○高プロラクチン血症は漢方的にみて、肝鬱気滞、肝鬱化火に腎陽虚、腎陰虚、於血などが絡み合っているケースが多いようです。
肝鬱気滞には、疏肝理気の漢方薬 肝鬱化火には
疏肝清熱の漢方薬を使用します。  
また、高プロラクチンを改善する働きのある疏肝回乳の漢方薬と併用すると効果が高まります。


○子宮筋腫
 子宮筋腫は、できている部位や大きさにより不妊の原因となります。受精卵の着床を妨げたり、精子や受精卵の通過障害を起こすことがあります。
臨床症状
 月経痛、月経過多、過長月経、下腹部のしこり感、オリモノの増加、下腹部の痛みや腰痛、頻尿、便秘、貧血、不妊、など
○子宮筋腫は漢方的にみて、まず、陽虚寒凝・痰濁於血が一般的です。また、病状によって気虚出血・血熱出血・血虚・肝鬱気滞・肝鬱化火などが絡み合っています。
陽虚寒凝・痰濁於血には、温腎補陽・化痰活血の漢方薬、 気虚出血には、益気摂血・止血の漢方薬、血熱出血には涼血清熱・止血の漢方薬を、血虚には、補血の漢方薬、肝鬱気滞には、疏肝理気の漢方薬、肝鬱化火には、疏肝清熱の漢方薬などを使用します。


○免疫性不妊症
免疫性不妊症は、精子や卵子・ホルモンなどの働きを抑制する抗体ができてしまい、それによって起こる不妊症のことをいいます。最も注目されている抗体は精子を攻撃する抗精子抗体(AsAb)ですが、そのほかにも卵子に対する抗透明体抗体・卵巣に対する抗卵巣抗体・子宮内膜に対する抗子宮内膜抗体・性ホルモンに対する抗HCG抗体・それ以外にABO抗体・抗リン脂質抗体などがあります。
女性側にAsAbがある場合は、精子が子宮頚管を通過することが困難になり、男性側にある場合は精液検査での精子数や運動率に異常が起こります。

免疫性不妊症の検査

・精液検査 ・フーナーテスト ・抗体検査(血液・精液・頚管粘液)

○免疫性不妊に使われる漢方薬など
 免疫性不妊症自体に特徴的な自覚症状はありませんが、体質によって処方を使い分けます。生理周期が短い、のぼせ、手足のほてり、口渇、足腰がだるいなどの陰虚火旺(いんきょかおう)の方には、滋陰清熱と免疫調整の漢方薬、足腰がだるい、手足や腰や腹部が冷える陽虚於濁(ようきょおだく)の方には、温腎化濁の漢方薬を使用します。
ただし、実際は、抗体(免疫性不妊)の事だけにとらわれずに、その方の体質、自覚症状、基礎体温の状態など、本来行うべき周期療法(周期によって処方を使い分ける)の処方を中心にしながら免疫の調整になるような処方を併用していく方が治療効果は良さそうです。

 あなたに合った不妊症 周期療法をお知らせします。
早く相談すれば良かった。相談して本当に良かった。私ども明正薬局は常に信頼される薬局を目指しています。
電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.055-948-4775
〒 410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6







               めいせいやっきょく
 漢方相談 明正薬局
       
漢方薬 値段
静岡県伊豆の漢方、漢方薬の問合せ

明正薬局は予約制です。
ご来局の前にお電話でご予約下さい

TEL 
055-948-4775

チェックご相談案内へ

明正薬局
明正薬局

〒410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6
TEL 055-948-4775
FAX 055-948-2819

竹林