不妊症と検査・数値
不妊症の6大基本検査と正常値

1.基礎体温の測定
月経周期23〜35日、
月経期間3〜7日、
高温期12〜14日、
低温期と高温期の温度差0.3〜0.5℃、
低温期から高温期への移行が 2日以内

2.精液検査
精液量 2ml以上  
精子濃度 2000万/ml以上 
精子運動率 前進運動精子50%以上、
高速直進運動精子25%以上
正常形態精子 30%以上  
生存率75%以上  
白血球 100万/ml未満  
イムノビーズテスト 20%未満の結合率
MARテスト 10%未満の結合率
 

3.頚管粘液検査
−排卵近くに分泌されるオリモノ(頚管粘液)の量と質によって精子が子宮へ入っていきやすいかどうかを判断する
 水様透明で牽糸性(水飴のように粘液が糸を引く)


4.フーナーテスト
頸管粘液中に含まれる精子の数と運動性を調べる(精子が子宮内に入っていけるかどうかを調べるための検査で結果が良くない場合は、精子の運動性、粘液の質、抗精子抗体などの問題が考えられる。)
運動精子数/400倍視野当たり 15個以上(優)、10〜14個(良)、5〜9個(可)、4個以下(不良)

5.子宮卵管造影−卵管や子宮の障害を見つける(卵管の通り具合、子宮腔の異常、腹腔内の癒着)

6.経膣超音波診断−子宮や卵巣の状態をチェック(子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜ポリープ、多嚢胞性卵巣など)

○各種ホルモン値
・エストロゲンの正常参考値

  E1  E2  E3
血液 卵胞期・黄体期 31〜143 30〜230 10以下
排卵期 (pg/ml) 75〜282 140〜350 10以下
尿 卵胞期・黄体期 3〜17.6 0.5〜9 3〜30
排卵期 (μg/day) 8〜25.5  2〜20 3〜30


プロゲステロンの正常参考値(血液中)

 卵胞期 黄体期
0.1〜0.6ng/ml 2.0〜25.0ng/ml



・卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)   正常参考値 mIU/ml

卵胞期 排卵期 黄体期 閉経期
 FSH 3〜24 3〜24 1〜17 12〜240
 L H 1〜16 2〜88 0.4〜22 4〜80


・プロラクチン  正常参考値 血清 ng/ml(RIA)

成人女子 妊娠初期 妊娠中期 妊娠末期
1.5〜15 4〜54 14〜105 32〜264

高プロラクチン血症−PRL>15ng/ml、潜在性高プロラクチンはTRHtest15分で70ng/mlを陽性とします。
              (TRH−甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)


 あなたに合った不妊症 周期療法をお知らせします。
スタッフ顔写真
早く相談すれば良かった。相談して本当に良かった。私ども明正薬局は常に信頼される薬局を目指しています。
電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.055-948-4775
〒 410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6







               めいせいやっきょく
 漢方相談 明正薬局
       
漢方薬 値段
静岡県伊豆の漢方、漢方薬の問合せ

明正薬局は予約制です。
ご来局の前にお電話でご予約下さい

TEL 
055-948-4775

チェックご相談案内へ

明正薬局
明正薬局

〒410-2201
静岡県伊豆の国市古奈426−6
TEL 055-948-4775
FAX 055-948-2819

竹林